西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2017年08月

★表では良い人。裏では最悪。 ★庭は綺麗。家は散らかり放題。 ★仕事はバッチリ。家庭は悲惨。 ★異性には好かれる。同性とは険悪。 ★スーツはバッチリ。靴がボロボロ。 上記に挙げたような、 『大きな落差』 は、自分と周囲の運を乱します。 上を頑張るほど下と
『表と裏で大きな差がある人に生じる運のリスク』の画像

月に1度、大人の癒しイベントです。 木火土金水 『自然の力を上手に活かしていきましょう』 という主旨で、 毎回、異なる様々な具体策を、 軽やかにご提案しています。 今回のテーマは、 『どこよりも早い2018年の運勢と秋の一汁三菜定食』 です。 ★木火土金水
『【告知】木火土金水 vol.19 『2018年の運勢と秋の一汁三菜』』の画像

昔の家は隙間だらけでした。 仮に練炭や囲炉裏など、 屋内の火が不完全燃焼だったとしても、 一酸化炭素中毒にはなりません。 その代わり風も虫も砂も、 自由に出入りし放題。 古い木造建築とはそういうもので。 時代は変わり、今の家を見てみると。 かなり厳しい
『現代住宅が快適さと引き換えに失った通気性への対処方法』の画像

小さなお子様を持つ保護者の方へ。 ★ランドセル ★自転車 ★学習机 の3つは、吉時期・吉方位で手に入れて吉。 いずれも、小学生時代において、 毎日のように利用するというだけでなく、 1.大切な成長期を支えてくれる道具 2.ときに命を守ってくれる防具 3.思
『運を踏まえたランドセル・自転車・学習机の買い方』の画像

運を良くしようと一生懸命頑張るほど、 細かな吉凶を苦にし、言動が神経質になり、 『何となく怪しい雰囲気』 を醸し出してくる人って、いませんか? 運の知識を学び、見えない力を感じ取り、 人生と真摯に向き合っていたはずが、 『あの人、なんかヤバくない?』
『自分から怪しい雰囲気が漂うのは停滞の暗示』の画像

物心つく前から占いの世界で生きている僕は、 自分にとっての当たり前に飲まれ、 吉や凶などの価値観に縛られること、多々あります。 自分が偏っている意識さえなく、 『そういうものだから』 という個人的な常識で、運にこだわります。 お買い物も住環境整備も人間
『振り子のように保つ均衡 ー何かに偏らない生き方ー』の画像

こよみを見て、そこに掲載された吉凶を目安に、 家族計画や人生設計を立てる場合、 『自分と周囲の温度差』 というのが、大なり小なりあるはずです。 運の知識を知っている自分。 吉とか凶を知らない家族・友人。 そこには価値観や信条の違いがあって当然。 そこで
『吉凶に対する温度差の問題 ー家族や友人が運を気にしない場合ー』の画像

『運なんて気の持ちようだ』 という感じで、 運の良し悪しや物事の吉凶を、 当人の主観次第だとするご意見、 時々耳または目にします。 半分は同感です。 でも半分は、違うと思います。 思い込みというのは確かに、 運に大きな影響を与えます。 けれど。 それだ
『運の吉凶は優先順位で決まる ー曖昧な自分は凶を呼ぶー』の画像

起こった問題や不都合を何でも、 ★凶時期 ★凶方位 ★凶家相 などの、悪運に結びつけようとする方がいます。 中途半端に運の専門知識を学んだ場合は、特に。 『厄年だから上手く行かない』 『この失敗は凶方位のせいだ』 『縁がないのは住まいが悪い』 という感じ
『過去の運を鑑定するのは凶を悔やむためではない』の画像

賃貸物件から賃貸物件へ転居する方へ。 『退去前の旧居のお清め』 と、 『入居前の新居のお清め』 を強くお勧めいたします。 お清めとは、掃除のことです。 掃除機をかける際は、 いつも通りそのままではなく、 事前にひとつまみ程度でも良いので、 塩をまいてか
『賃貸物件の退去及び入居前にお勧めする3つのお清め』の画像

↑このページのトップヘ