西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみ2024販売中!
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2017年07月

2017年7月は休息の月。 休息の月とは。 ★運が動かぬ停滞期 ★繁忙期の疲労が吹き出る ★アウトプットよりインプット優先 などなど、回復と補給が大切な1ヵ月。 しかも。 2017年度の休息期は、 毎回、土用が重なっているので、 より丁寧で優しい過ごし方
『2017年7月の土用注意報 ー口は災いのもとー』の画像

僕が両親からの受け継いだ、 吉方位と向き合う姿勢に、 『行くと決めたからには行く』 という負けん気みたいなものがあります。 だから、多少の怪我やトラブル、 想定外の事態があっても、 行く前提で調整するのみです。 自分で行くと決めたならば、 後から行かない
『行くと決めたからには行くのが吉方位』の画像

★お水取り 吉方位の清浄な自然水を、 自宅に持ち帰り飲用すること。 吉方位へ出かけることは、 吉方位旅行と同じ。 自然水を取水し持ち帰り、 自宅にて気を呼吸する、 という部分が旅行とは異なる要点。 ★吉方位旅行 吉方位の現地に出かけ、 2時間以上滞在すること。
『お水取りと吉方位旅行の決定的な違いと使い分け』の画像

感じる心の感度が高まり過ぎ、 見えすぎちゃって困るときってあるでしょう。 ピリピリとアンテナが立ちまくり、 普段なら聞こえないことまで聞こえてきて、 気持ちがショートを起こしてしまいそうになる、 とういうとき。 業界的には、 ★第六感 ★霊感 ★直感 と呼
『感性の暴走を抑える方法 ー見えすぎちゃって困るときー』の画像

自分がいつもの通常とは異なる、 イレギュラーな状態・状況下にある場合。 いつもの通常とは異なる判断基準が必要です。 例えば。 健康なときと病気のときで、 考え方や動き方は変えるべきです。 慣れた土地にいるときと、 慣れていない土地にいるときで、 トラブル
『有事の際の吉凶鑑定 ーいつもとは異なる判断基準ー』の画像

森羅万象、世界のありとあらゆる事象を、 陰と陽のどちらかに分ける二元論が、陰陽学。 陰:影・夜・女・地・凹 陽:光・昼・男・天・凸 などなど。 シンプルで原始的な世界においては、 そんな単純なエネルギー把握が有効で。 昔は物事を複雑に捉えすぎるよりは、
『現代において求められる単純明快な生き方』の画像

占い師が発信する運勢とは、 定められた絶対的未来予言ではないです。 少なくとも、僕のご提案する運勢は、 受け手の未来を制限・確定するような、 そういう強制的なものではありません。 そこまでの能力は人智を超えます。 神様や仏様にしかできないことです。 では、

学校の受験や、就職の試験・面接の際、 幸運と良縁を引き寄せるために、 最も心強い必殺の武器となるのは、 『自分で自分を信じられるようになるまで鍛錬した』 という実績です。 自信の根拠を持っている人は、 勝負の際に実力を発揮します。 実力以上の人には負ける
『学校受験や就職試験でツキを味方につける秘訣』の画像

受験という一発勝負の場面において、 運を味方につけたいと望むならば。 試験ではなく、勉強のときにこそ、 吉凶を意識した過ごし方が必要となります。 本番で効能するのは、 当日の方位ではなく、 当日までの方位です。 長い受験勉強の期間に運を疎かにし、 試験の直
『受験会場の方位の吉凶が気になって仕方ない方へ』の画像

★火事場 ★事故現場 ★夜の神社 ★廃墟・廃屋 ★治安の悪い通り などは、なるべく避けて通りたい、 運のダークスポットです。 通勤や通学の際は、 遠回りした方が無難です。 住居選択の際は、 暮らしの動線上にそれらがないか、 予め確認しておくことをお勧めします。
『住居選択の際に避けるべき場所 ー危ないものは意外と近くに潜むー』の画像

↑このページのトップヘ