西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2014年11月

大変遅ればせながら。 東京都千代田区にて、毎月第4土曜日恒例、 11月のこよみよみを、11月22日(土)新月の日に開催します。 お席があと2席残っているとのこと。 無料の講座なので、お時間がある方は、 是非、月に1度の未来チェック、遊びに来てください。

運勢は、自然の流れの強弱や、風向き、 方向性を知るための目安であり、 行動計画を練るための判断基準です。 だから、人の運の吉凶は分かりません。 こよみを見ただけでは、未来の自分の運の良し悪しは分からないのです。 自分の運が良いか悪いかは、運勢では決まらない

◆運と香り 以前、上記のエントリ−でもご紹介しましたが、 香りと運は密接な関連性があると思います。 良い匂い=吉 悪い臭い=凶 というのが、ざっくり大まかな判断基準となります。 もちろん、香りの良し悪しは好みや状況もあって、 単純に吉凶に分けられるもので

経営者やリーダー、組織の長、本家の家長など、 一匹狼ではなく、みんなの幸せを背負っている人は、 北西の家相が良い家に住むのが理想です。 北西の家相が良いとは、建築物の中心からみて北西60度の範囲が、 ★欠けていない ★火周りがない ★綺麗に整えられている ★

夜より昼に働いた方が、仕事運は良いです。 昼より夜に寝た方が、健康運は良いです。 夜に働き昼に寝ていると、仕事運や健康運が下がります。 それが運の世界のベタな考え方です。 仕事運が停滞すると、生活が不安定になりやすいです。 健康運が停滞すると、心・体・魂

方位学の話。 南や北東は、他の方位と比べて影響力が強い方位。 それはこのblogでもご紹介したことが何度かあります。 ◆北と南のエネルギーバランス ◆北東という方位のリスク どちらの方位も、凶方位で用いた際の凶作用が強いだけでなく、 仮に吉方位だったとして

運の悪い自分は、ちゃんと運の悪いことを考え、 運の悪いことをやり、運の悪いものを選びます。 運が悪い時に寄って来るのは運の悪い人であり、 運の悪い時に行きたくなるのは、運の悪い場所です。 運が悪い時は決まって、運の悪いものを食べたくなり、 しかも自制がきか

吉方位旅行の際、その効能を高めたい人には、 温泉入浴を強くお勧めしています。 けれど温泉がない土地であるならば、 地元の名物料理を頂いたり、地元名産グルメを買って帰るのでも、 『その土地ならではの気を呼吸する』 という点において、意味は同じだと思います。

自分事に関して、良かれと思って成した行動が、 望んだ結果に直接繋がらなかったとしても、 自分の運を疑ったり迷ったりする必要はなし。 その試行錯誤の先に、答えは見つかります。 その紆余曲折を経て、目的地にたどり着きます。 その七転八倒を通し、運は練られ実力が高

↑このページのトップヘ