西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2014年06月

あまりにも自分の運が重く、ライフスタイルに無駄が増え、 『このままじゃあ、ダメだなあ』 と、自分の中から危険信号が発せられたのを感じた時は、 プチ断食をするようにしています。 1日+半日だけの、お手軽なものです。 3食+朝食を抜くだけなので、それほど難し

継続は力なりとは言いますが、 また、仰る通りと頭では理解していますが、 なかなか難しいのが、根気良く続ける地道な積み重ねってやつで。 現実的にやむを得ない障害や干渉があるならば、 意志があっても続けられなくて当然。 それは、仕方のないことです。 けれど、

運とは流れの中でいくつもの分岐点があるので、 今の節目で悪い方へズレても、次の節目で軌道修正すれば、 ゴールした時の結果を上手に整えることができます。 原因から結果までを繋ぐ道のりは、 一本調子ではなく、それまでの過程で、 様々なストーリーが用意されているの

方位学を学び知ることのメリットとは、 何気ない日常の中、旅先や移動先において、 自分自身で幸運を見つけられるようになる、 つまりそういうことなんじゃないかと思うのです。 知らないで行けば、見るものも聞くものも触れるものも、 見たまま聞いたまま、そして触れたま

ある日のある場所。 シチュエーションを把握せず、TPOを理解できず、 興奮に身を任せてドタバタキャーキャーと騒ぎまくる、 恐らく小学校入学前であろうくらいの小さなひと。 それを見てイライラする、きっと僕と同世代くらいの母親。 シビレを切らせて母親が子供に

縁を繋げ、運を高めたいと思ったら、 ある程度のコミュニケーション能力は、確かに不可欠です。 無言では一緒にいても面白くないし、 自分の心にストレスが加わるだけでなく、 相手に対しても何らかの不安や気遣いを強制してしまうことが多いです。 仮に『とって付けたよ

家相学上、必要な場所に窓が無い場合。 例えばそれは、住居の南面や東面のことなのですが、 方位に限らず、暗さや重さを感じるお部屋においては、 『ここに窓が必要(でも壁をリフォームするのはちょっと)』 というケース、少なくないと思います。 特にそれが賃貸物

以前、『吉方位の壁を乗り越え方』としてご紹介した、9つのステップがあります。 おさらいすると、以下の通り。 1.書記:本当に大切なことは『予定に書き込む』 2.準備:そしても最も簡単な所から『準備を始める』 3.伝達:その上で声に出して『宣言する』 4.相

・会話 ・恋愛 ・接客 ・営業 ・交際 など、社交運に左右される、人と人とのお付き合い、 またはそこでの人間関係や、やり取りの吉凶に関して。 対象が誰であろうと、何を用いた連絡であろうと、 そのコミュニケーションの良し悪しは、 四緑木気のエネルギーバランスで決

2014年6月22日(日)は、 ・大安 ・甲子 ・九気陰遁始まり が重なる、事始めに最適な吉日。 もう既にご予定は決まっていますか? 今年、今月の、『縁』という運勢を考えると、 ・新たな縁の繋がりを始められるように ・途切れかけた縁を再開できるように ・

↑このページのトップヘ