西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2014年03月

始まりは、陽のこと。 終わりは、陰のこと。 どちらが吉でどちらが凶ということはなく、 どちらも大切な2つで1つ。 表裏一体の関係性を持っていて、 始まりは終わりであり、終わりは始まり。 その時。 “陽陰学”とは呼ばず、“陰陽学”と呼ぶには理由がある。

西企画が発行するこよみは、他社のそれと違い、 全ての星の吉方位を5年間、60ヵ月分掲載しています。 自分だけでなく、自分の家族やパートナーの分を、 今年に限らず、来年や再来年、その先の未来の方位の吉凶まで、 一覧表で確認してもらうことができます。 今この場

師匠である西欽也いわく、 『お花見も良いけれど、桜吹雪の中を歩くのは特に良い』 だそうです。 桜はパッと咲いてパッと散るもの。 どんなに綺麗でも、その素敵さを味わえるのは、 春におけるほんの一瞬の機会。 その時、勢い良く咲く過程は、生命力に溢れ、 何とな

2014年度の千代田での講座は、 ★こよみよみ(無料) ★こよみよみ+PLUS(有料) の2つが定番となります。 そして、第3回目となる+PLUS の方のテーマは、 『お水取りのススメ』 です。 お水取りとは、吉方位へ出かけ観光を楽しむだけでなく、 現地で自然

お花見というイベント。 毎年、楽しんでいますか? ★お散歩がてら花を眺める ★花を眺めながら美味しいものを食べる ★花を眺めつつ会話にも花を咲かせる ★お花見の華やかな雰囲気に便乗して何となくテンション挙げる ★お花見で盛り上がる人を観て一緒に盛り上がる

昨日、2014年3月26日(水)から、 東京都千代田区における月一無料講座、 こよみよみの4月度お申込みご予約受付が始まりました。 (2014年4月26日14:30からの開催です) 去年の始め頃から、東京でのこよみよみは、 急激に多くの方にご参加いただける

お水取り(おみずとり)と呼ばれる開運方法があります。 吉方位へ出かけ、現地に清浄な自然水を探し、 それを取水して持ち帰り、自ら飲用する、という方法。 その吉方位の自然水には、方位のエネルギーが保存され、 方位ごとに備わる様々な運を直接身体に取り込むことが

『占い』と呼ばれる分野には色々な考え方があって。 例えば、相性診断とか、相性占い。 多くの専門家の方は、相性は『ある』と言います。 僕は『ないに等しい』と言います。 生年月日や血液型だけで縁は決まらない。 本当はどっち? 例えば方位。 ハワイは北東だ

2014年のラッキーアイテムとして、 西企画という会社がオススメしているのは、龍です。 個人的には、日常における活かし所が多いために、 編み物(ニット)やストライプの方を意識することの方が多いのですが、 可能であるならば、昔からの縁起物である龍は、 オフィシ
『龍2014』の画像

結婚という夫婦の共同作業における、 縁起の良い計画の立て方に関して。 ・婚約(結納) ・結婚式(披露宴) ・入籍(そのた書類事) など、様々な吉凶判断の節目があり、 『それら全てが夫婦どちらにとっても吉』 となったら、確かに理想ではあります。 けれど、
『幸運のウェディングプラン ー新婚さんは明るく未来を目指せばいいー』の画像

↑このページのトップヘ