西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2014年01月

『厄年だから運が悪い』 と言う考え方や、台詞を言う人がいるけれど、 厄年じゃなくても運が悪い人はいます。 『今年は八方塞だから、何をやってもダメ』 なんて運勢もこの世界にはあるらしいけれど、 そういうデタラメなロジックを信じちゃう時点で、 せっかくのツキ

・集中 ・追求 ・悩み ・こだわり ・心配 自分の内なる部分で何を考え、どう答えを出していくのかは、 人が人である以上、生きていく上で常に大切になってくることだと思います。 その考えるという行為や、そこで導き出された答えは、 どちらも自分に、また周囲の状況に

方位学の話。 旅行やお水取りなどで吉方位を利用する際、 『遠ければ遠いほど良い』 と距離ばかり注目される傾向があります。 けれど、距離とは判断する上で大切な1つの見所ではありますが、 方位の効能とは距離のみで決まるものではなく、 滞在期間や現地の環境、

『吉時期に転職したいのに、会社がそれを許してくれない』 『吉方位に転居したいのに、物件がなかなか見つからない』 『吉家相の家を建てたいのに、予算が見合わない』 『積極的に攻めたいのに、景気が上向いてくれない』 『確かな正義があるのに、政治やしがらみに邪魔され

泣こうがわめこうが、その日がくれば、土用は始まり、ちゃんと終わる。 毎年、4月・7月・10月・1月の後半は、必ず土用。 そして、多少の前後はあるものの、 2月の立春、5月の立夏、8月の立秋、11月の立冬を迎えると、 予定通りに終わって、運は安定します。

2014年1月25日(土)の13:15から、 千代田にて開催する新春スペシャル講座では、 2つの特典を準備しています。 1つが、先日ご紹介した、開運時刻2014。 何てことのない、時刻が並んだカードではありますが、 使い方を知っている人にとっては、 価値あ

運の良い家を建てるためには、 ★良い街や良い土地などの環境 ★良い設計士や良い職人などの技術者 ★良い支援者や良い家族などの協力関係 ★良い情熱や良い目標などの動機 ★上記を運用するための良い資本 などが必要になります。 自分に合わない良くない街には、自分

2014年1月12日(日)。 毎年恒例の昇華の儀式、どんど焼きに行ってきました。 ついこないだ、このblogにて、 『お焚き上げしてきました』 とご報告したと思ったら、そこから、丸1年が経過したことになります。 時の経過は早いです。 ちなみに、過去のど
『どんど焼き2014レポート』の画像

2月からスタートする、2014年度の東京講座に関して。 全体的な流れは、これまでと同様で。 1.基本、毎月第4土曜日。 2.吉方位旅行強化月間はお休み(6月)。 3.気楽な無料講座と専門的な有料講座を同日に。 4.10月には翌年の計画を立てる開運ドリルワー

東京での新春開運講座では、午前の部と午後の部の間に、 スペシャルな講座を企画しています。 ◆新春スペシャル講座2014@東京 そこでの受講特典その1である、 開運時刻を一覧でまとめた表が仕上がりました。 1.2014年度全ての開運日をピックアップ。 2.
『開運時刻2014(講座特典)』の画像

↑このページのトップヘ