西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2008年08月

・大雨 ・洪水 ・水難 は、一白『水』気である、 本年度あり得る自然の象徴。 ・日照り ・干ばつ ・火難 は、九紫『火』気である、 来年度の運勢。 2008年は『水』がキーワード。 2009年は『火』がキーワード。 それをきっかけに、 良いことも悪いことも起こる

運が良くなるプレゼントを頂きました。 今が旬のブドウ。 左に見える方は、 こんなに大きくて種無し。 そのまま口に放り込めば、 甘くジューシーで目が覚めます。 旬の食材は開運エナジーの宝庫。 若い世代の男性などは、 一人暮らしをしていたりすると
『美味しい贈り物』の画像

ただ今、群馬県富岡市。 富岡製糸場のすぐ近くにある、 COーJIROというお店にて、 毎年恒例のレシピMTG。 こちらのシェフである小山さんのご協力の元、 気楽こよみに掲載するラッキーメニューは、 決められていくのです。 運勢に合った調理方法や旬の食材、
『開運レシピ会議』の画像

2008年は一白水気の年。 その年の9月は一白水気の月。 来月は、一白水気の年の一白水気の月となります。 年と月の気が同じになる時期は、 1年12ヵ月365日の中でも、 特に重要な1ヵ月。 波の様に変化する運気のバイオリズムにおいて、 9月はその波長

『期間の吉凶を占う』 でした。 良い時期に引越ししたいとか、 結婚の時期は良いか悪いか、など、 時期の吉凶鑑定のご依頼は、 非常に多く、全体の5割以上がそれです。 時期というのはタイミングのこと。 そこからどんな運が始まるかの、 吉凶が分かるポイント。 一方…

旬の食材は開運力の宝庫。 僕達が毎日食べるものと、 僕達の過去・現在・未来の運は、 決して無関係なものではありません。 むしろ、密接な関係を持ちながら、 互いに影響を及ぼし合っています。 美味しいということは、運が良いということ。 食べる喜びは、生

9月は方位の効能が強まる開運月。 1年、365日、12ヵ月がある中で、 吉方位へ行った時のラッキーさが、 最も大きくなると考えられる1ヵ月です。 『吉方位旅行って、いつ行くのが最高?』 『吉方位旅行に、一番良いチャンスって?』 『理想的な吉方位旅行の

お墓にご先祖さまを迎えに行って、 我が家で酒食を共に楽しみ、 一族の運を高める伝統文化。 ずっとずっと昔から続く、 日本の代表的な開運方法の一つ。 ご先祖さまというのは僕達にとって、 『変えるべき運命を変えてくれる唯一の存在』です。 お盆やお彼岸と

■傾向 時間がかかる 進みが遅い 過去からの繋がり 迷いと不安 仕事の信用 ■対策 とにかく続ける 途中で止めない ゆっくり進む 何をするにも迷いはあって当然。 迷った時は迷ったままに、 無理に答えを出そうとせず、 今まで続けてきたことを続けな

表ウェブサイト及び、 裏ブログをご覧の皆様へ、 お知らせです。 2009年度の気楽こよみ製作が、 今まさに佳境へと突入したため、 僕の持つ全てのエネルギーを、 その1点に集中しようと思い、 8月と9月のメール鑑定は、 一時休止とさせて頂きます。 こ

↑このページのトップヘ