西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

更新情報

楽しみに待つことができる日が、 未来にいくつあるのか? 『もういくつ寝ると、、、』 と指折り数えられるようなイベントが、 1週間、1ヵ月、1年の期間内に、 どれだけ組み込まれているのか? その日だけが嬉しいのではなくて。 “その日まで” がワクワクになって
『運を変える人生のプログラミング ー未来にワクワクを組み込んで吉ー』の画像

今、最も気になっている、 かなり前向き検討中なお買い物。 →体水分率と骨密度が分かる体組成計 →ウォーキング用の靴 →丸い眼鏡 どれも基準は六白金気です。 2021年は骨と歯に運が現れます。 歯は歯医者さんがあるけれど、 骨の健康管理って難しいでしょう。 今
『2021年のモノ選び ー体組成計・運動ツール・丸と白ー』の画像

土用デトックスに、 ★ゆるふわ ★なんちゃって ★プチ なんてない。 季節の変わり目の約18日間において、 1度でも少しでも胃腸を休ませられたなら、 それは立派な土用デトックス。 毎日やらなくても、 手作りじゃなくても、 プロテイン飲まなくても、 土用デトック
『土用デトックスの壁 ー自分でハードル上げて諦めないでー』の画像

協調・共感・共有が、 運を動かす鍵となる2021年。 そんな運の流れの中において。 『今日も暑いねぇ』 と話しかけられたら。 正しい返答は、 『そうだねぇ(そちらは暑いのね、私がどうかは別として)』 です。 (カッコ)内は口に出さなくても大丈夫。 『あ
『六白金気のゆうき行動としての協調・共感・共有』の画像

土用中、世相や天候や状況の変動に合わせて、 柔軟にスケジュールを調整するのは大吉。 『初志貫徹せねば心変わりになってしまう!』 『土用中にそんなことしたらいけない!』 『土用といえば安定!継続!』 と心配するのは誤解。 既存の予定や計画を押し通すことによ
『土用中の予定調整・進路修正・手段変更』の画像

土用中、自分が穏やかでも、 勝手にピリピリして突っかかってくる他人。 いるでしょう? 職場でも家庭でも。 車の運転中や電車の移動中にも。 そういう輩に遭遇すると、 少なからず、こちらまで心が乱されますよね。 穏やかだったハートに、 波紋なんて言葉じゃ足
『土用のピリピリムードをスルーするためにまず必要な心構え』の画像

計画的なのは吉。 けれど。 ★計画の立案 ★計画を踏まえた準備 ★計画の実行 ができるというのは。 →当人の心身 →身を置く環境 →周囲の存在 などが安定しているという証で。 不安定だと立案も準備も実行も難しい。 当人の資質や調子とは無関係に。 例え
『計画に依存しない開運 ーその他の手段による運の安定化ー』の画像

六白金気の年は、 『圧倒的存在感の大きなもの』 に力が宿ります。 特に山のような岩石は、2021年のパワースポット。 基本的に巨石は、山の上、谷の中。 低地ではなく高地で見つかるもの。 岩をご神体にした神社への参拝は定番。 鉱山見学、ロッククライミング
『岩山・石畳・石垣での六白金気補給』の画像

土用と呼ばれる季節の変わり目。 運が不安定になる注意の期間。 やるべきことをやるのは、いつも通り。 土用だからと言ってビビり、 子育てや家事や通常業務の手を、 鈍らせる必要一切なし。 けれど、同じことでも、 いつもより丁寧に。 それだけで、けわしい荒波
『丁寧に暮らすということ ー速度により取り戻す安定感ー』の画像

運が動くときに、運を動かす。 それが無理のない自然なライフサイクル。 常に歯を食いしばって頑張り続けるのではなく。 少しのつまずきであきらめてしまうのでもなく。 ここぞという場面では踏ん張る。 抜いても良いときは気を緩める。 その目安としてあるのが
『自分の業界や自分の役割に合う暦を見つけ活かして吉』の画像

土用のリスクとは、 『いつもとは違う不安定な流れ』 です。 その不安定さは、 運のアップデートに必要なものです。 仮に不安定な季節の変わり目の弊害により、 摩擦・衝突・不具合が起こったとしても、 全てが凶とは限りません。 土用中に起こる嫌なことを、 全
『土用らしい不具合と身から出た錆の分別』の画像

淹れてもらったコーヒー。 作ってもらった朝食。 贈ってもらったケーキ。 そういうのが何より美味しい。 と感じられるか、感じられないか。 それで運はかなり違ってきます。 感じられる方が、運が良いです。 運が良い状態であるか、 またはこれから幸運と良縁
『他人の力を自分のものにしてより大きく運を動かす方法』の画像

土用とは、季節の変わり目のことです。 太陽と地球の位置関係から、 春夏秋冬の初日をまず決めて、 その前のおよそ18日間を、 土用と定めるのが暦のルールです。 土用中は気温や日照時間や気圧が、 変化しているだけではありません。 運も大きく変わっています。 春
『土用中の悪いことはそんなに悪くないかもね』の画像

組織・団体・連携がキーワードとなる2021年。 個別の、それぞれに異なる、 統一感のないバラバラな物・事・人よりも、 →共通項を持ち →一体感のある →総合力や組織力 に幸運と良縁が引き寄せられる運勢。 そのための手段として例えば、 ★お揃い ★ユニフォーム
『お揃いの効能 ー六白金気の栄養補給ー』の画像

土気が強く働く土用中は、 新陳代謝や移行の期間。 このタイミングで土気の器官である、 消化器を労ってあげましょう。 それで心身の穢れの排出が促され、 新しい季節を迎える準備が整うから。 というのが土用デトックスの基本理念。 3ヵ月に1度の定期的消化器養生
『土用デトックスに遠慮は不要 ー人も動物も定期的に養生をー』の画像

★連携がとれていないチーム ★団結してない組織 ★自分勝手な集合体 などは、集団ならではの利点を活かせず、 負担が偏り、中の人は疲弊し、 関わる全員が停滞します。 集団であることが重荷となって、 ルールや関係性が呪縛となり、 当たり前ながら、 そういう一族や
『関わる全ての人との情報共有 ー大切な組織を守るために必要な努力ー』の画像

土用の荒波に揉まれ飲まれ、 もうすでにゲッソリという方へ。 騙されたと思って、 『言動の速度を落として過ごす』 という応急処置、試してみてください。 決して難しい話ではありません。 そのままの意味でシンプルに理解してください。 例えば。 今、このbl
『土用中の運の安定化 ーその場しのぎの減速の反復ー』の画像

全ての選択には、その時点では吉凶があって。 どんなに小さな選択も、 吉か凶かのどちらかに分かれます。 その判断基準になるのは、 占いの知識だけではなく。 また霊能者の助言だけでもなく。 占い師だけが吉凶を決められるわけじゃなく。 どんな情報源を用いよう
『選択の吉凶は根拠の質と量で決まる』の画像

こよみを読み解く上で、 『年・月・日』 の盤の重なりは重要な運の見所。 例えば、西企画においては、 年盤と月盤の九気が、 同じ配置で重なる1ヵ月を、 ★超繁忙 ★年の象徴 ★方位の作用大 とし、最重要期間と判断します。 また、年月の盤と日盤が重なる日は
『土用中でも運は動く ー繁忙の土用の過ごし方ー』の画像

土用愛好家の皆様ならばご存知の通り。 土用中は欲しいものが安く見つかります。 または品切れだったものの再入荷の通知がきます。 けれど、それが非日常的な価格だった場合。 即決は危険。 予算外ならなおさら。 理性を取り戻し、即決は避けて吉。 いつも出
『土用中の非日常的投資 ー欲しいものに出会っちゃった場合ー』の画像

土用とは、季節の変わり目。 自然も人も不安定になる期間。 そこでは、 『普段は遅れないようなものが遅れる』 という、遅延や遅刻、停滞の作用と、 『普段は早まらないようなものが早まる』 という、前倒し、早急の作用が働きます。 遅れたり早まったりして
『土用中の遅延と早急 ーいつも通りにいかない運勢ー』の画像

土用中、 ★無意識に締め込んでいた息苦しさ ★張っていた気持ちの緊張 ★力みこわばっていた筋肉の硬さ などを、適切なところまで緩め、 ふぅっと落ち着く機会、必要です。 窒息してしまう前に。 プツリと切れてしまう前に。 折れたり爆発したりする前に。 安定
『土用中の緊張緩和 ー呼吸し緩め落ち着く習慣ー』の画像

ゆうきこよみ2021の、 p9にも掲載してありますが。 本年度の土用は、 →運が動く繁忙期と重なる →心身が揺れて膨らんだり萎んだりする →良くも悪くも言動が大げさになる などが共通の作用となります。 また、全ての土用において交通事故に要注意。 車・バイク・
『2021年度の土用中に1つだけ気をつけるべきことを絞るとしたら』の画像

本年度2回目の土用が始まります。 土用とは季節の変わり目のこと。 運勢が不安定になる注意の期間。 ゆうきこよみの上では、 グレーに塗りつぶしてあります。 『え?は?なに?』 という方は、お時間のあるときに、 以下の様々なエントリーを。 立秋前、夏の
『2021年7月の土用警報 ー争いの炎を避けて運を動かせー』の画像

始まりは終わり。 終わりは始まり。 同じことの表と裏。 どっち視点で見るかってだけの違い。 朝は、1日の始まりであり夜の終わり。 引越しは、新生活の始まりであり旧生活の終わり。 始まったということは、終わったということ。 終わったということは、始ま
『始めたいのに始まらない方へ ーまたは終えたいのに終わらない方へー』の画像

初年度は、何の知識も実感もないまま、 『まあ、ないよりはマシか』 という程度で用意した非常用持ち出し袋。 あれから随分と時間が経過し、 その間、何度も定期的な更新を繰り返し、 今ではかなり仕上がってきました。 その気になれば、ネットから、 色々な方の試行
『西企画の非常用持ち出し袋の中身 ー複数の機能を兼ね備える物選びー』の画像

2011年から取り組み始めた防災業務。 スタッフの自己責任ではなく。 あくまで業務の一環として。 就労時間中にやってもらう大事な仕事。 非常用持ち出し袋の定期更新。 西企画では年に1度、防災日を設定し、 →非常用持ち出し袋の更新 →備蓄品の入れ替え →鑑定
『非常用持ち出し袋の定期更新 ー例えば西企画の場合ー』の画像

変わりたい人や変えたい人。 停滞の渦に飲まれている人。 そこから抜け出す機会はいつか? 変われる、変えられるチャンスは、何日後か? 何ヶ月後か?それとも何年もずっと後か? 今日だと思うのです。 それは決して、 『思い立ったが吉日』 という意味では
『軌道修正は早いほど吉 ー運を変えるチャンスは今の今の今ー』の画像

占いの教科書に、 『人との縁は星の相性が全てではない』 『方位だけであらゆる判断をするのは無理がある』 『運勢の通りに進まぬ成り行きなんて日常茶飯事』 などと、いちいち書くような親切な専門家は少ないです。 そんなのは良い大人の常識であり、言うまでもないこ
『教科書の呪い ー信じるほどに広がる死角ー』の画像

成功や失敗を、 そのまま額面通りに受け止めるのでは、 正しく運を読み解けないことが、 実は意外と多いです。 成功したら吉で、 失敗したら凶という考え方は、 合っていることもありますが、 精度は低いです。 なぜならば。 物事の結果は調子の波に左右され、 調子と
『成功と失敗は運の吉凶判断の基準として心もとなく決め手にならない』の画像

↑このページのトップヘ