西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみ2024販売中!
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

更新情報

西企画式土用デトックス。 土用を狙って行う腸内環境改善。 あまり細かいことは言わず、 とにかく土用中、年に4回くらいは、 酷使してきた胃腸を養生しましょう、 というライフサイクルです。 西企画式土用デトックスって、 食べる種類は制限するものの、 食べる量は
『土用デトックスの副産物 ー痩せはしないけれどシュッとするー』の画像

睡眠は1番の日常的お清め。 一白“水”気の清めだから、 眠ることは浄化であり洗浄。 良く眠れたならば、 穢れを洗い流すことができます。 良質な睡眠=水の清めってことです。 人はよく眠ると清まります。 お風呂に入って、よくあったまって、 よく眠れば、また明
『睡眠による洗浄 ー良質な眠りは水の清めー』の画像

2ヵ月に1度の事始めも、 年に1度の吉方位旅行や、 10年に1度あるかないかの挑戦も、 どれも運を動かすには効果的。 暦に記された様々な情報をヒントに、 そういう予定を立て、 それまでの計画を練り、 運をデザインしていくのは素晴らしいこと。 僕は西企画での業務を通
『暮らしの視野の範囲内に素敵なものを配置して吉』の画像

季節の変わり目という5番目の季節。 それが3ヵ月に1度の土用。 この“変わり目”の運勢である新陳代謝と、 “3ヵ月に1度”という定期性を利用し、 腸内環境改善ができると、 健康運の向上だけではない、 様々な開運が期待できます。 ▼INDEX →無理なくやるのが土用
『誰でもできる土用デトックス ー無理しないのが秘訣ですー』の画像

季節と運は連動しています。 というか季節そのものが運勢でありヒントです。 自然の流れを運勢として捉え、 その移り変わりに沿ってこそ、 人は無理なく生きられます。 季節と僕達の心・体・魂は繋がっていて、 季節が変わると僕達も変わります。 季節に合わせ、
『季節の定番行事は素敵な運のデザイン』の画像

『土用だからトラブルが起こる』 『トラブルが起こるのは土用の影響』 『土用じゃなければトラブルにはならない』 という考え方は、誤解です。 土用=トラブル 土用=悪運 土用=凶作用 そんな風には一概には言えなくて。 土用とは自然の自浄作用が強まる、 毒出し
『土用とは毒出しの季節』の画像

全てのには移動は、 方位の吉凶が関係します。 こちらから、あちらへ向かうのも。 あちらに、こちらへ来てもらうのも。 あれを、あっちに動かすのも。 いずれも方位の吉凶を鑑定することができます。 ただし。 それだけで運の良し悪しが決まるわけではありません
『方位以外の運の構成要素』の画像

僕にとっての4月終盤は、 ゴールデンウィークというよりグレーウィークです。 多くの方にとって、4月終盤のゴールデンウィークは、 楽しいゴールデンなウィークなのでしょうが、 僕にとっては、そうでもないです。 大人しく過ごしていたい注意の期間です。 なぜなら。
『GWとはグレーなウィーク ー黄金週間は必ず土用ー』の画像

気学とは。 それを開発・創始した、 特定の人物がいるわけではないようです。 既にあった伝統的ロジックを組み合わせ、 そこに個人の思想を反映させて、 『今日からこの思想体系のことを気学と呼びます』 と銘打った方は、確かにいるようです。 それって決して太古
『気学ってなに? ー運を学ぶ者がが重視すべきロジックとはー』の画像

東京都千代田区神保町にて鑑定会を開催します。 最寄駅はJ地下鉄神保町駅/R御茶ノ水駅。 こちらは2024年4月17日(水)のご予約窓口となります。 ★東京鑑定会2024 日程:基本毎月第3水曜日 時間:事前予約制 場所:アイム鍼灸院 料金:45分対面鑑定11,000円 内容:口頭
『【PR】東京鑑定会@千代田2024年4月』の画像

本年度最初の土用が始まります。 超繁忙の4月の土用です。 2024年度12ヵ月間の中で、 最も大きく運が動く1ヵ月に、 土用の不安定な運勢が重なります。 それって、なかなか危険なことです。 小さなミスを放置すると、 予想外の大きなトラブルに発展します。 わずか
『2024年4月の土用警報 ー突発的バタバタに注意ー』の画像

こちらはラボメンバー限定記事となります。 『ラボってなに?』 という方は、以下のリンクのご確認を。 長所がある人は、短所もあります。 自分らしいとは、そういうことです。 個性は表と裏があって当然で。 九星学においても、もちろんそう。 全ての九星
『【ラボ限定】星が持つ弱点 ー長所の裏に潜む短所ー』の画像

運を商材として取り扱う事業主を相手に、 『占い師なのに成功してないじゃん』 『偉そうなこと言って自分の未来見えてないじゃん』 『他人の吉凶鑑定よりまず自分の暮らしを何とかしろよ』 って言葉でマウント取りたくなること、ありますか? 僕はあります。 自分に
『最も効率的かつ効果的に運をひらく基本的方法』の画像

暦とは、定期的循環のみで構成された目安です。 全ての情報は太古の昔まで遡れるし、 また無限の未来まで予測可能です。 1億年後の今日が何曜日かも、 計算すれば分かります、大げさな話。 けれども。 紙面に書き写した暦には限界があります。 カレンダーやスケジ
『ハートにサイクルを持て ー暦とはメクルものではなくメグルものー』の画像

暦とは、一定間隔で反復し続ける自然サイクルを 紙の上で表現したものです。 そのことはみんな感覚的には分かっていて。 自分は大きなサイクルの中を、 ぐるぐる回っていると何となく知っているのです。 例えば。 来週の今頃は今日と同じ曜日であることを、 当然のこ
『暦が与える大きな恩恵 ー人は誰でも次元を超えられるー』の画像

九気の作用を知っていると、 吉方位旅行計画の立てるのも、 少し楽しくなってきます。 ゆうきこよみの中には、 九星別吉方位一覧表があります。 そこで、一白水星から九紫火星まで、 それぞれの星の吉方位を、 確認することができます。 ゆうきこよみがあれば、 『
『九気の作用を参考にした吉方位旅行計画』の画像

※おかげさまで満席となりました! 2024.4.11 座学のお勉強ではなくて。 専門的な知識の説明会でもなくて。 お茶を飲みながら暦を開きませんか。 そのために。 お話会の機会を作りました。 東京鑑定会の会場としてお世話になっている、 神保町のアイム鍼灸院にて
『【満席!】こよみのお話会@神保町』の画像

ゆうきこよみは、まだ理想から程遠い、 未完成の暦です。 ただ、21年間の試行錯誤を経て、 少しずつ成果が実ってきました。 例えばp91の、 盤の読み解き方・九方位の運気 という見開き一覧表がそれです。 使い方はシンプルで完結。 まず、自分の九星が持つ数字を
『盤の読み解き方・九方位の運気』の画像

自分の運は自分で決める。 というか。 自分の運は自分にしか決められない。 それが、運と向き合うときの僕の心構えです。 どうにも譲ることのできない信念でもあります。 そして。 ゆうきこよみを作り続ける理由です。 僕の鑑定とは、暦の代読です。 僕の情
『ゆうきこよみを作り続ける理由』の画像

師走と言えば、毎年恒例の、 ある種独特な雰囲気があるものでしょう。 別に水晶玉を操る占い師じゃなくても感じる、 年末らしい空気感、あれです。 去年も一昨年も、来年も再来年も、 きっと変わらず同じです。 なんとなく気ぜわしくなりバタバタする1ヵ月。 仕事上
『師走のデザイン ーどんな年末を設計するかー』の画像

日本の神仏には様々なご利益があるとされています。 これは別の見方をすると、 全知全能、万能な神様はいなくて、 それぞれ担当・得意分野が分かれている、 ということになります。 どの神仏がどんなご利益を持っているかは、 調べてみると興味深いです。 神社・仏閣の
『幸運の神様 ー寺社参拝の縁日と効能ー』の画像

ゆうきこよみを使って自然の流れを読み解く際、 最も重要なヒントになるのは盤です。 盤の読解のためには九気の意味を知る必要があります。 九気が分かれば盤が読み解けます。 八角形の中に9つの漢数字が記された図形から、 時期や方位の吉凶、運勢などを鑑定し導きだ
『九気の作用 ー盤を読み解く鍵ー』の画像

ご存知ですか? 二十四節気(にじゅうしせっき) 立春とか夏至とかいうやつ。 1年を24等分して季節を示す、暦の上での記号。 二十四節気は、 ゆうきこよみに掲載するカレンダーの、 根幹であり最重要項目です。 運の流れを支配する基準、 と言っても過言ではありま
『二十四節気 ー12ヵ月の運勢の基準ー』の画像

2024年4月4日から5月4日の期間は、 本年度の最重要期間であり、 超繁忙の1ヵ月。 そこは2024年の運勢の象徴的な出来事が頻発します。 2024年の運勢とは、開拓です。 2月から1月まで12ヵ月間共通して、 良くも悪くも開拓が運の見どころになります。 良い縁とも悪い縁
『2024年4月の運勢と注意事項 ー成長と挑戦の心構えー』の画像

ゆうきこよみmonthlyに掲載した、 356日の幸運レシピは、 地味ながらかなり力を入れている、 僕にとって大切なメッセージです。 2024年で48歳になる僕が、 日本人男性の平均寿命である、 81歳まで生きるとして残り33年。 日数に変換すると12,045日。 それぞれの日に仮
『幸運のレシピ ー食べるものが運をつくるー』の画像

天赦日と一粒万倍日は、 ゆうきこよみの中で、 そこまでは重要じゃないけれど、 まあまあの吉日です。 甲子の日や新月・満月と比べると、 僕にとっての重要度が低いので、 その結果、弊社が製造するゆうきこよみの中では、 扱いがやや低めになります。 それでも、まあま
『天赦日と一粒万倍日 ー暦を彩る吉日ー』の画像

こちらはラボメンバー限定記事となります。 『ラボってなに?』 という方は、以下のリンクのご確認を。 ▼土佐 坂本龍馬:三碧木星 武市半平太:九紫火星 岡田以蔵:九紫火星 坂本乙女:六白金星 岩崎弥太郎:四緑木星 山内容堂:一白水星 後藤象二郎:九紫火星 板
『【ラボ限定】幕末を10倍楽しむ裏技』の画像

縁起の良い吉日の存在を知ったとして。 どんな予定を立てますか? その日を何のために使いますか? 次の吉日までの計画、もう練ってありますか? というのは。 結構多いのです。 吉日のことは知っているけれど、 吉日に具体的にどんなことをすれば良いのか、 分
『暦をひらく前にまず自分と向き合っておいて吉』の画像

↑このページのトップヘ