西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

更新情報

ゆうきこよみの最新版。 発売は毎年9月9日。 重陽の節句。 ご注文を承ります。 ★ゆうきこよみ2022 ★ゆうきこよみ2022卓上カレンダー ★ゆうきこよみ2022壁掛けカレンダー 種類と用途が異なる3つの暦。 以下にその詳細とご購入方法を。 ※壁掛けカレンダーの
『ゆうきこよみ2022あり〼』の画像

2022年2月の西敏央の出没情報をご紹介します。 ★1.定期オフライン講座 ★2.定期オンライン講座 ★3.イベント ★4.LIVE配信(Instagram・YouTube) ★5.鑑定日 上記の5点を中心にお知らせします。 ※2022年1月14日現在 ★1.定期オフライン講座 2月3日(木)9時30
『西敏央の2022年2月スケジュール』の画像

本年度最後の土用が始まります。 土用とは季節の変わり目のこと。 運勢が不安定になる注意の期間。 ゆうきこよみの上では、 グレーに塗りつぶしてあります。 『え?は?なに?』 という方は、お時間のあるときに、 以下の様々なエントリーを。 立春前、冬の
『2022年1月の土用警報 ー軽挙妄動に注意ー』の画像

西企画において、 吉方位旅行の効能を高めるのに、 最も重視しているのは、 現地での滞在期間です。 距離の長短の影響は、 年々弱まっていると考えています。 あの山の向こうや、 あの海の向こうに、 何があるのだろうと夢見ていた時代は、 遠い過去の話。 距離(移動
『新しいスタイルの吉方位旅行 ー求められる試行錯誤と創意工夫ー』の画像

ある日の僕のお墓参り。 お供えに選んだのはこちら。 お墓近くのスーパーマーケットにて購入。 何がいいかなあなんて、 売り場をフラフラ歩いていたら、 まず、麩菓子が目に入って。 『そうそう、そんな気分だよね、ご先祖様』 なんてノリで選んでいった結果。
『お墓参りのお供え物 ー選び方と備え方ー』の画像

土用前だからできること。 土用中を狙ってやること。 土用後にじっくりやること。 どれも土用があるからこそのメリハリ。 そういうのが運をひらくライフサイクル。 軸を定めるから計画を練ることができる。 目安があるから始点と終点を設定できる。 縁起の良
『土用を意識した定番ライフサイクル ー土用起点の行動計画ー』の画像

★やるべきこと(理想の選択、最高の道) ★できること(可能な選択、最適な道) 上記は必ずしも一致するとは限りません。 というか一致しないのが通常です。 しかも。 やるべきことの方が圧倒的に多く、 できることはその内の一部ってのが現実。 周りを見渡してみ
『理想に最も近い可能を探し実行することこそ幸運の近道』の画像

毎月第1・第3土曜日の21時。 運を良くする大人の部活動。 暦をひらき未来と向き合う定期習慣。 それが、こよみ部オンライン。 初の試みとして体験入部会を開催します。 ★こよみ部オンライン体験入部 日程:2022年1月29日(土) 時間:21時00分から21時30分 場所:zo
『【新歓!】こよみ部オンライン体験入部』の画像

土用前にやっておけること。 土用前にはできないから、 流れを予測し予定を立て、 予約しておくこと。 土用前にはいらないから、 土用中に届くように、 発注をかけておくこと。 土用前に見積もりをお願いしておくこと。 土用前には決められないけれど、 土用中なら
『土用という冒険の旅支度 ー前日までに済ませて吉ー』の画像

進行と進歩は別物で。 似て非なるもの。 とても速く進行できるのに、 進歩できない人というのはいて。 進行は遅いものの、 進歩していく人も、確かにいて。 進行を、進む速度の数値だとしたら、 それは目に見えやすい。 一方、進歩というのは、 スピードメーターに
『運を上げたいなら進行の速度より進歩の程度を重視して吉』の画像

家相について、 神経質に理屈を意識し、 細かいことまで気にするのは、 僕の性格にも信念にも合わないです。 住まいの運の良し悪しは、 間取りの吉凶だけでは決まりません。 土地・建物と居住者の相性もあるし、 機能性・安全性や、不動産価値も大事。 だから、教科書
『住まいの吉凶は間取りだけでは決まらない』の画像

2021年12月19日(日)に開催した、 開運ドリルワークショップ2022の、 録画データを販売いたします。 料金は1,100円です。 ご視聴可能期間は、 本日、2022年1月9日から、 1月18日までの10日間。 11月と12月の機会を逃した方は、 是非ご検討を。 録画で開運ドリルワー
『【録画ver.】開運ドリルワークショップ2022』の画像

交通安全は六白金気のゆうき行動。 単に命の安全のためだけでなく、 事業運や勝負運の向上にも繋がる、 立派な開運の具体策です。 ただ。 ★交通安全最優先! ★運転は気をつけて! ★交通ルールを守りましょう! とか言うけれど。 僕にはいまいち、ピンときません
『遅刻しそうなときは遅刻して吉 ー六白金気のゆうき行動ー』の画像

ゆうきこよみを用いた、 人生設計と行動計画の90分、 開運ドリルワークショップ。 そのフォローアップ講座を、 オンラインにて開催いたします。 フォローアップ講座とは? 開運DWSに参加してみたものの。 『この理解で良いか不安』 『本当にこの方位で良いか心配』
『【告知】開運DWS2022フォローアップ講座』の画像

月の最初の土曜日。 twitterに西欽也登場です。 ★西欽也のTwitter Live! 日程:毎月第1土曜日 開始:午前11時15分 終了:午後12時00分 場所:西敏央twitter ゆうきこよみを開いてご視聴を 弊社発行の、 『ゆうきこよみ』 をお持ちの方は、 お手元に開いた状態で
『TwitterできくこよみLIVE ー西欽也のオンライン講座ー』の画像

凶時期という言葉。 見たり聞いたりしただけで、 何となくイメージが湧いちゃうでしょう それが、実はあまり良くないことで。 分かったつもりになれちゃう分、 誤解している方が多くて。 世間一般的な意味での、 悪い運勢的な解釈の方が多くて。 正しく理解してい
『凶時期の定義 ー良くある誤解と正しい意味ー』の画像

▼例1)土用中は慎重に 土用中は季節の変わり目。 運勢は不安定になり、 人の心身も浮き沈みが激しくなります。 家庭でも職場でも、 いつもと同じ感覚は危険。 いつもより慎重に過ごしましょう。 ▼例2)停滞時は丁寧に 運が停滞している時点での、 直感に任せた
『慎重・丁寧・穏便 ー二黒土気のゆうき行動ー』の画像

六白金気の年。 六白金気の月。 暦の年盤や月盤の中央に、 『六』 と表記された期間。 五 一 三 四 六 八 九 二 七 上記のような九気の配列において。 注意すべきは六白金気の現象。 想定すべきは六白金気の出来事。 そこでは色々な注意事項を挙げることが
『無意識・無自覚な交通危険 ー時間的余裕の確保が課題ー』の画像

ゆうきこよみの上で、9ヵ月に1度、 定期的にやってくる超繁忙期は、 方位の作用が最大化します。 ★吉方位は大吉方位にアップグレード ★凶方位は大凶方位にダウングレード というのが、弊社からのご提案です。 上記を踏まえ転居・旅行・お買い物など、 移動の計画を立
『行っちゃダメ?行っても良い?とか何とか占い師に移動の是非を委ねるのではなくて』の画像

西企画において。 吉方位旅行での、 理想の滞在期間は二泊三日です。 往復の移動時間を抜いて丸々24時間、 吉方位の現地で過ごす滞在を理想とします。 絶対条件ではないので誤解なく。 『二泊三日できないなら意味がない』 『日帰りや一泊では効能がない』 『理想以
『吉方位旅行の絶対条件 ー敷地外の吉方位へ出かけることー』の画像

特殊な環境や、複雑な生い立ちから、 『どうしようもなく屈折しねじ曲がった根性の持ち主』 というのは一定数いて。 そういう方の運というのは、 教科書を投げ出し、 あらゆる基本・基礎を忘れて、 向き合わないと分からないもの。 既存の知識に囚われないように注意
『根性がひねくれるのは停滞の証』の画像

2022年 元旦 恥ずかしながら寝坊しました。 大晦日に年越しライブ配信をして。 この投稿をInstagramで見る Toshihisa Nishi(@nishitoshihisa)がシェアした投稿 眠って起きたら8時00分でした。 えへへ。 ちなみに過去の初日の出はこちら。
『 初日の出2022』の画像

暦の上では2022年2月3日まで、 2021年が続きます。 けれど。 大晦日に1年を振り返り、 (カレンダーの上での)新年を迎える、 という世の中のムードが、僕は大好きです。 だから大いに便乗して、 毎年、12月31日のblogは、 予約配信ではなく、当日、 その年の感想をblo
『2021年を振り返って ー独りで出来ることなんて何もなかったー』の画像

あれは確か、2021年9月のこと。 仕事を抜け出して、サラッと、 吉方位ツーリングへ出かけたのですが。 ★山道でシフトペダルがモゲて修理 ★ゆったり運転車両がずっと前で足止め ★目当ての蕎麦屋が休みでランチ難民 など、短時間に色々なことが起こり、 とても良い旅
『吉方位旅行のエンタメ化 ー全てを楽しむために必要な想定ー』の画像

2021年度最後の繁忙期である1月。 恒例のオンラインイベントを開催いたします。 2022年1月22日(土)の14時から。 →新春こよみよみ(無料) →新春スペシャル講座(有料) 上記の2本立てです。 ★新春こよみよみ2021 日程:2022年1月22日(土) 時間:14時00分から16
『新春こよみよみ&スペシャル講座2022』の画像

引越しの吉凶鑑定の際、 何度も繰り返しご提案することなのですが。 運の良い引越しの絶対条件は、 時期でも方位でもなく、 『良い土地に建つ良い家を選ぶこと』 ってのが基本中の基本。 本来なら言うまでもない当たり前。 けれど、枝葉の理屈を気にし始めると、
『引越しの吉凶鑑定において最も大切なこと』の画像

吉方位強化月間。 年に1度か2度。 9ヵ月に1度やってくる定期サイクルで。 不安定なこの世相においても、 『吉方位旅行は吉方位強化月間が最も効果的』 ということは暦上で確定。 一生涯分定まっていて、変わることなし。 どこへ行くか? どのくらい滞在する
『吉方位強化月間 ー吉方位へ出かけるのに最適な期間ー』の画像

やった人だけが言える、 『もっと早くやれば良かった』 『何で今までやらなかった』 『意外に簡単だった』 という台詞。 やったから味わえる、 その残念な後味。 どうしてもっと早くやらなかったのだという、 →自分へのガッカリ感 →損したような気分 →情けなさ
『運を動かした者が味わうモヤモヤ』の画像

↑このページのトップヘ