西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみ2024販売中!
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

更新情報

ゆうきこよみ2025のご予約を承ります。 2024年8月8日の夜8時までご注文を承ります。 ご注文窓口はこちらです。 ↑こちらをクリック・タップ ゆうきこよみの先行予約販売には、 通常のご購入とはちょっと違います。 1.発売日(毎年9月9日)より早くお届け 2.3,900
『【PR】ゆうきこよみ2025先行予約』の画像

2018年1月より、 オフラインにて活動開始した、 運を良くする大人の部活動。 こよみ部。 紆余曲折を経て経て、 現在はオンラインにて活動中です。 ★こよみ部オンライン 日程:毎月第1・第3土曜日 時間:21時00分から22時00分 場所:zoomミーティング 資料:ゆうきこよ
『【PR】こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー』の画像

東京都千代田区神保町にて鑑定会を開催します。 最寄駅はJ地下鉄神保町駅/R御茶ノ水駅。 こちらは2024年7月17日(水)のご予約窓口となります。 ★東京鑑定会2024 日程:基本毎月第3水曜日 時間:事前予約制 場所:アイム鍼灸院 料金:45分対面鑑定11,000円 内容:口頭
『【PR】東京鑑定会@千代田2024年7月』の画像

ゆうきこよみは運をデザインする手帳です。 運をデザインするとは、 スケジュールを組み立てることです。 スケジュールを組み立てるとは、 予定を調整して行動計画を練ることです。 ただ、思いつきで予定を決め、 その場しのぎの行動計画を並べるだけだと、 1年12ヵ月
『正しい目標は定めた時点で人の運を上げる』の画像

新しいのが苦手な人には思考の転換が必要です。 新しいものを嫌ったら進化しないからです。 新しいものへの苦手意識を和らげ、 慣れ親しんだ古いものに依存しないで済む、 前向きなマインドを手に入れてこそ、 進化の流れに乗ることができます。 ここで言う進化とは、
『挑戦弱者が進化・成長するための方法』の画像

凶方位へこれから行かざるを得ない。 またはもう既に行ってしまった。 そんなときには対処が必要です。 ただ、これは僕の経験上に限りますが、 みんなが気にするような凶方位の大半は、 悪影響を気にする必要のない移動です。 別の言い方をすると。 凶方位の対処を
『対処が不要かつ効果の薄い凶方位』の画像

僕たちは定期的に新境地の開拓が必要です。 年齢や性別や立場関係なく、全ての人が、 挑戦者となるべき順番が回ってきます。 たまには不慣れな不安と向き合った方が、 運が更新されて良い塩梅になります。 毎年じゃなくて良いから、 10年に1度くらいは新境地を開拓して
『新境地の開拓とは馴染みの定番の補充』の画像

10年来の親友にも初めましてのときはあったでしょう。 20年来の愛用の品も、まだ手に馴染まない、 取ってつけたような新品ピカピカの時代が、 確かにあったはずです。 今、何気なく使いこなしている母国語だって、 子供の頃はたどたどしかっただろうし。 お箸を持つ手
『新境地の開拓は未来の自分への贈り物』の画像

特に予定がなかったとしても、 現時点から最も近い吉日の存在を、 先読み・把握できているかどうかで、 運のデザインの仕上がりはかなり変わってきます。 今、始めたいことがある人や、 おろしたいモノがある人は当然ですが、 一切、何のアイデアもない人まで含めて、 『
『吉日の先読み ー直近の縁日を把握できてる?ー』の画像

ゆうきこよみの活用の秘訣は、 迷ったときだけひらくことです。 迷う必要がない場面や、 迷ったところで選択の余地がない場面では、 役に立たないのが、暦です。 なぜならば。 人は、基本的に、自分らしく生きた方が運が良くなります。 これ、単純だけど、とても効率
『迷ってないなら暦はひらくな』の画像

2024年4月30日(火)、甲子×一粒万倍日。 新境地の開拓が課題となる2024年度において、 運勢のピークポイントである4月。 既存の古くなった体制から抜け出し、 未来に合わせた新しい挑戦を試みるのに、 最適な年の最適な月の最適な日。 弊社、西企画のウェブサイトを一
『シン・ウェブサイト ー新しい西企画を始めましたー』の画像

僕が西企画に入社した23年前は、 鑑定のために市販の暦を使っていました。 書店に平積みされている有名な運勢暦を、 他の専門家の方と同様、 当たり前に購入し使っていました。 ところが。 それがまあ、分かりにくい。 それと、どれもスケジュール帳ではないので、
『ゆうきこよみ2025を製作する意図と心構え』の画像

ゆうきこよみがあれば、 自分の運を自分で決めることができます。 そういう暦を完成させるために、 日々、試行錯誤しています。 ゆうきこよみとは、運をデザインする手帳です。 運をデザインする手帳とは、 要するにスケジュールを練るツールです。 ただし、日付と曜
『運をデザインする3つの基本コンセプト』の画像

お手元にゆうきこよみ2024がある方は、 p25の『凶方位別の注意事項』を開きつつ、 以下、読み進めてください。 そこには、 →北の凶方位へ行くなら水難に気をつけてね →南の凶方位へ行くなら飲酒に気をつけてね →方位別に注意すべきことは違うからね ってことが書い
『吉方位での除毒 ー吉方位が持つデトックス効果ー』の画像

こちらはラボメンバー限定記事となります。 『ラボってなに?』 という方は、以下のリンクのご確認を。 口を出してばかりで、 お金も手も出さないでいると、 嫌われるのが、 三碧木星・六白金星・九紫火星。 やらないなら言わない方が潔し。 言ったからには行動
『【ラボ限定】他人に好かれる労働 ー3系統の働き方ー』の画像

本気モードで運をデザインするならば、 明日や来週や来月ではなく、 来年、5年後、10年後と、 年単位の未来を読み解くのが基本です。 そのためのツールとして製作したのが、 ゆうきこよみdecadelyです。 decadelyとは10年一括りのこと。 10年とは、人生を読み解く上で
『ゆうきこよみdecidedlyを用いた人生設計』の画像

昔の正解って、今も正解とは限らないでしょう。 だって昔と今では、環境も条件も価値観も違うからです。 病気の治し方も、子供の育て方も、 商売の方法も、昔と今では違います。 それなのに。 昔の教科書や伝統的風習みたいなものを、 不変の正解・基準にしちゃうと
『運の知識の更新を止めるな ー磨かれ続けてこその経験値ー』の画像

その日、最初にやることを、 続けたいことにすると、 続きますほんと。 その日、最初にやることを、 終わらせたいことにすると、 終わります、確実に。 その日、最初にやることを、 伝えたいことにすると、 伝わります、真っ先に。 ところで、続けたいことは何ですか?
『最初に宿る実現性 ーまず初めに何をするかー』の画像

ゆうきこよみの上で、 恋愛運と金運の見方は同じです。 恋愛運と金運は繋がっています。 どちらも七赤金気の運です。 金運が上がると恋愛運も上がります。 恋愛運が下がると金運も下がります。 どっちか一方のみ、別々に、というのは不自然・非効率。 両方を意識
『恋愛運と金運は共に七赤金気の吉凶で決まる』の画像

1年の運をデザインするのに、 1日や1週間そこらの時間内だけでで、 12ヵ月分全ての細かい計画を煮詰める必要ないです。 一年の計は元旦にありなんて言いますが、 それって365日分全ての詳細を先読みし、 全部の行動を確定させろって意味じゃありません。 もっと大まかで
『目標設定はあまり細かすぎない方が良い』の画像

タダでできる供養はないです。 それは供養だけに限らず、何でもそう。 タダでできる恋愛も宣伝も勉強もない。 供養もそれらと同じでしょう。 お金・時間・労力を投資しなくちゃ、 供養はできないし、望む成果は得られない。 ここでの供養の成果とは、 お寺さんや墓
『タダでできる供養はない ーただし贅沢は必要ないー』の画像

年盤や月盤の中央に、 三碧木気が入った1年や1ヵ月は、 『速さより早さ』 が運をひらく鍵となります。 速度を上げるのではなく開始を早める。 急がなくて済むように、少し早めに動き出す。 早く始めれば、急ぐ必要がなくなる。 早くから始めることで、時間をかけ
『三碧木気の年と月は速さより早さが幸運の鍵』の画像

三碧木気の年の運のデザインは、短期型がお勧めです。 運のデザインとは、スケジューリングのことです。 短期型とは、日の単位で先読みした予定・予約・予算のことです。   ちなみに中期型は月の単位、 長期型は年単位で先を読み、 いつ?なにを?いくら?って感じで計
『三碧木気の年は短期計画で運がひらく』の画像

予測と実感って、違うものでしょう。 『恐らくこうであろう』 と、 『実際にはこうだった』 の間には、必ず何かしらの差異があるはずです。 これは別の言い方をすると。 そのときになってみれば分かることでも、 事前に想像し、調査し、想定し、 予測しなくちゃ
『運の軌道修正の条件 ー予測と実感の差異を把握して吉ー』の画像

ゆうきこよみ2023を発行する際に、 全員共通の課題としてご提案したのが、 外出や旅、自分のテリトリーの外へ出ることでした。 ただし、自由には出かけられないし、 行動範囲には限界があることを想定し、 『会えないときの代替手段はSNSやデジタルツール』 というご提
『会えないときの代替手段は会っておくこと』の画像

2024年度は自然の流れが、 次の段階、新しい時代へと、 突入する運勢です。 2024年という12ヵ月間は、 これまでの流れに区切りがつき、 これからの流れへとシフトする起点です。 そこでの全員共通の課題は、開拓です。 切りひらくことです。 切りひらくとは、試すこ
『三碧木気を目安にした運の更新』の画像

新境地を開拓し、自分の殻を打ち破るには、 三碧木気のゆうき行動が求められます。 そのうちの1つに、 自分史上初の体験を増やす、 というアプローチがあります。 自分にとっての最初。 未体験のものへの取り組み。 まだ味わったことのない何かに触れること。 個人
『大人にとって新境地の開拓とはかなり難易度高め』の画像

本年度の最重要期間である4月。 そして未来への展開が始まる5月。 この2ヵ月間の運の流れを利用し、 様々なイベントをプログラミングしました。 色々盛り込み過ぎて、自分の中でも混乱しつつあります。 なので、ここで一度、まとめてみます。 イベント日程 具体的
『【PR】2024年4月からのイベント情報』の画像

その年、1年間意識する合言葉や、 最低限の達成すべき課題を決められると、 1年の運のデザイン精度がかなり上がります。 合言葉があるだけで、 迷ったときの立ち直りが早くなります。 最低限の課題を決めておくことで、 そのための予定と計画も、 日付設定を切りやすくな
『最も簡潔な目標設定の方法 ー交際・仕事・学習のどれにする?ー』の画像

こちらはラボメンバー限定記事となります。 『ラボってなに?』 という方は、以下のリンクのご確認を。 自分で自分のことなんて、 分かんなくてもいんじゃないか。 自分が自分のことを、実は一番知らない、 ってことは自然なんじゃないか。 自分以外の周囲の人の
『【ラボ限定】九星学という鏡 ー自分で自分を知る手がかりー』の画像

↑このページのトップヘ