西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

更新情報

ゆうきこよみの最新版。 発売は毎年9月9日。 重陽の節句。 ご注文を承ります。 ★ゆうきこよみ2022 ★ゆうきこよみ2022卓上カレンダー ★ゆうきこよみ2022壁掛けカレンダー 種類と用途が異なる3つの暦。 以下にその詳細とご購入方法を。 ※壁掛けカレンダーの
『ゆうきこよみ2022あり〼』の画像

毎年恒例の年中行事。 初冬の風物詩。 開運ドリルワークショップ。 略して開運DWS。 今年も昨年度同様、オンラインにて開催いたします。 全世界どこからでも受講可能です。 答えはこよみの中にある 開運DWSとは。 翌年の運勢を先読みし、 人生設計と行
『【告知】開運ドリルワークショップ2022 online』の画像

自分の根性や価値観は、そう簡単に、 変えられるものではないでしょう。 大人になるほど建前は整ってきますが、 本音は昔からずっと同じで、 大した成長はなかったりするし。 ★才能 ★体格 ★実力 などもそう。 自分では選べないし、 短期間では変えられない。 今
『地相学や家相学のメリット ー変えられない運への間接的アプローチー』の画像

今の自分に必要なものが見つからないとき。 『どれが必要で大切なのか?』 を探し続けるのではなく。 今の自分に不必要なものを減らす。 消去法により無駄を削っていく。 そうすると必要なものが見つかる。 大切なものが表に現れてくる。 これが七赤金気のゆう
『整理・削減・洗練 ー削れないうちは手に入らないものがあるー』の画像

もう過ぎたことに対し、 後からわけ知り顔で口出ししてくる、 面倒臭いタイプの人って、 どこにでも一定数いるでしょう。 『だから言わんこっちゃない』 『わたしは最初から分かってた』 『あそこはああすれば良かったんだよ』 とか何とか。 その時その場では、知らん
『結果論を振りかざしマウントしてくる占い師なんて要らない』の画像

九気の世界において。 集中を一白水気のゆうき行動とします。 一白水気のゆうき行動としての集中とは。 1人が1つの思考・行動に、 専念している状態を言います。 集中して思考・行動していると、 運を投資する先が定まり、 焦点が絞られて、 自分らしく物事と向き合
『一白水気の集中 ー1人が1つの思考と行動ー』の画像

二黒土星・五黄土星・八白土星の方は、 恋愛も健康もお金も、仕事次第。 →職場での業務が滞りなく進む →家庭での家事が上手くできている →与えられた役割を張り合い良くこなせる これで、あらゆる運が整います。 お金を稼ぐ仕事だけが重要なわけではありません。
『土星人のワークライフバランスの整え方 ー代行・委託・依頼ー』の画像

入学の吉時期は、 学校が入学してくれと、 募集をかける時期です。 そのタイミングでの入学が、 最も無理が少なく効率的です。 就職の吉時期は、 会社が就職してくれと、 募集をかける時期です。 それ以外で押しかけても、 手間が増えるし、 下手すると追い返されます
『公を無視して私を振りかざし吉凶にこだわると運は下がる』の画像

縁が止まると運が止まってしまう、 一白水星・四緑木星・七赤金星。 他者との交流は大切な運動。 例えば、家族サービスや帰省、同窓会。 SNSや営業、宣伝、広告。 旅行や会食や合コンなどもそう。 行くこと、会うこと、情報を交換すること。 運を動かそうと思っ
『九星ごとに備わる運を動かす手段 ースポーツばかりが運動じゃないー』の画像

◯◯に運の不調が現れる。 ◯◯を整えれば運の不調も整う。 ◯◯を乱暴に扱うと運も乱れる。 ◯◯が安定する自分らしくいられる。 ※◯◯に入る言葉は↓ 一白水星・四緑木星・七赤金星:交際 二黒土星・五黄土星・八白土星:仕事 三碧木星・六白金星・九紫火
『占い師に頼らず自分の運を把握する方法』の画像

自分の伴侶が、 義理の父母(自分の肉親)との間に、 トラブルを抱えていたとして。 『当事者間でうまいことやってくれないと』 とか他人事なツラして、 コーヒーすすってる場合じゃありません。 それは他の誰でもなく、 実の息子・娘である、 あなた自身の問題です。
『義理の父母との縁の問題を解決する方法』の画像

結婚した2人に生じる、 運と縁のクロスオーバー(交差)に関して。 一族の先祖供養及び実家との関係性は、 夫妻で運が交差します。 夫の先祖供養は妻が、 妻の先祖供養は夫が、 それぞれ主体的に守って吉。 また夫の実家は妻を大切にし、 妻の実家は夫を大切にして吉。
『夫婦の運と縁はクロスオーバー ー先祖供養及び義実家との関係性ー』の画像

人それぞれに備わる、 個性の違いを拠り所にした吉凶鑑定に関して。 自分と他人は違う。 だから選ぶべき道も異なる。 誰かにとっての正解が、 自分にとっても良いとは限らない。 当人の属性に応じて個々の吉凶が定まる。 という考え方があります。 違いが分かれ
『生年月日で占う運の限界 ー個性は星だけでは決められないー』の画像

人にとっては、 『他とは異なる固有の属性』 を見極めることが、 昔から変わらぬ最重要課題。 占いだけの話ではありません。 人材育成・教育・子育てはもちろん、 医学・経営・マーケティングでもそう。 あらゆる分野において、 『他者との違い』 『自分らしさの
『運を読み解く上で必要になる多角的視点と総合的な判断』の画像

暦の本質とは。 当たり外れを楽しむ占いエンタメではなく、 『暮らしにサイクルを取り入れる』 だと思うのです。 確かに、スピリチュアルな別次元世界や、 科学・化学で説明できない世界の因果説明も、 面白いし興味深いだろうけれど。 暦はそれらと一線を画した存
『自分らしいサイクルを手に入れ維持するための暦』の画像

昔の僕たちは野生に囲まれ暮らしていました。 だから山や海や川や森を含めた、 住環境設定が必要でした。 どの山へ芝刈りへ行き、 どの川で洗濯をし、 どの森で狩猟をするのか。 それに合わせて住居を建築しました。 時代は変わって。 今の僕たちは街の中で暮らし
『街の良し悪しこそ現代的地相学・家相学の見どころ』の画像

住居新築の設計や、 賃貸物件の選定において、 複数の候補に迷ったときは。 『どちらの方が掃除がしやすい?』 という視点での比較検討を、 お勧めいたします。 単に家事効率にこだわっているのではなくて。 運とは無関係な現実的価値観ではなくて。 インテリアと
『住居選びに迷ったときの魔法の質問 ー掃除はしやすい?しにくい?ー』の画像

一白水星・四緑木星・七赤金星の個性派へ。 他人の価値観を批評・批判してしまうと、 自分の首を締めることになります。 『あなたの好きなものは間違ってる』 というその台詞は、 無意識・無自覚にも、 自分の価値観まで否定してしまいます。 自他どちらの自分らし
『自分の首を絞めることになる言動 ー自分のために封印すべき台詞ー』の画像

西企画式土用デトックスに対し、 →やってみたいけれど難しそう →子供が小さいからしばらく無理 →体力的に心配で →今は忙しくて余裕がない →ダイエットには興味ない などの印象を持っている方。 どこで、何を理由に、 その誤解を持ったのでしょうか。 知りたい
『こんな土用デトックスいやだ ーでも誰もが抱えている誤解ー』の画像

『ありがとうございました』 と言ってもらえるような仕事をする。 『ありがとうございました』 と言ってくれるような人を顧客にする。 その上で、 『こちらこそありがとうございました』 とお礼を伝えられるように精進する。 そういう西企画でありたいと、 西
『感謝してもらえるような商品とサービス』の画像

時代遅れの常識を振りかざし、 『こうでなければ』 とドヤってる人うざくありません? その存在が害悪(運を停滞させる原因)になることも。 不条理な根性論とか男尊女卑とか。 たまに見かけると、 『まだそんなこと言ってるバカがいるのか』 と驚きます。
『運の知識とは変わるべきもの ーだって目的じゃなく手段だからー』の画像

吉という情報を直前で知るのでは、遅いです。 ずいぶん前から把握してこそ、 準備を整え、流れを作り、 吉作用を受け取ることができます。 『明日は吉日である』 という情報を知るだけで、 明日が運の良い日になる、 なんてことは当然ありません。 それを踏まえて、
『吉は事前に知って吉 ー今日の過ごし方を変えるためにー』の画像

『次の甲子の日はいつか?』 を調べて、 『その日に何をするか?』 を書き出し、 『さて甲子当日、何から片付けるか?』 とその日のミッションを把握するスタイル。 とても運が良いからお勧めです。 次の甲子の日を調べることで、 その日を迎えるまでの日々の
『甲子の確認と甲子任務の書き出し ー成すべきことを成し遂げる秘訣ー』の画像

★当たり前の日常を見直す ★既存の習慣を置き換え・更新する ★いつの間にかズレてしまった軸を修正する そのための定期的な甲子の日。 60日に1度訪れるライフサイクル。 暮らしのメンテナンスをするのに、 最も身近な最適チャンス。 けれど。 甲子の日を充実させ
『甲子前日までの流れ ーもう既に運が良い人達の傾向ー』の画像

西企画では当たり前だけれど、 他所ではそうじゃない、 という定義や基準って、 いっぱいあります。 例えば凶方位に関して。 凶方位とは、 行ってはいけない方位ではなく、 気をつけて行くべき方位とします。 『凶方位だから』 という根拠しかない、 全ての決断・選
『方位の吉凶と運の吉凶は別物 ー字面だけ見ての誤解に注意ー』の画像

弊社が毎年発行している、 『ゆうきこよみ』 という商品は3種類。 1.暦 2.卓上カレンダー 3.壁掛けカレンダー です。 目的別に体裁が異なるものの、 どれも、ゆうきこよみです。 全ての商品は、 ★先行予約販売 ★一般販売 の2つのご購入機会があります。
『ゆうきこよみの先行予約販売と一般発売』の画像

例えば。 治安の悪い土地に建つタワマンより、 のどかな田舎のあばら家の方が、 運が良い場合があります。 建築物自体の質やオシャレ感は、 タワマンの方が上でしょう。 けれど、どんなに便利な機能も、 治安が悪ければ役にたちません。 安心・安全なあばら家の方が
『間取り図の内側のみで住居の吉凶を占うことの危険性』の画像

何としても分からせてやる。 強引にでも説き伏せる。 脅してでも納得させる。 ぐうの音も出ないほど言い負かす。 言葉巧みに言いくるめる。 そんな風にして、 一時的に相手の理解や得たところで、 得るものより失うものの方が多いです。 強引な圧力で、 しぶしぶ
『無理な同調のリスク ー分からせる努力は運と縁を傷つけるー』の画像

今日、2021年11月6日は、 →秋の土用 →本年度の最重要期間 →方位の作用が最大化する月 の最終日。 超繁忙の運気の中、 土用の荒波に挫けることなく、 最後まで駆け抜けることができましたか? ★誰もが羨むような成功 ★みんなに自慢できる成果 ★史上最高の売り上
『2021年度の最重要期間の効果測定』の画像

泣いても笑っても今日が最後。 超繁忙の最終日が始まります。 土用の最後っ屁は気になります。 けれど、それを恐れて、 →やるべきことをやらない →会うべき人に会わない →行くべき場所へ行かない なんて、もったいない! だから、恐れず進みましょう。 勇気
『超繁忙の最終日 ー最後の力を振り絞れ!ー』の画像

↑このページのトップヘ