西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

更新情報

※ご注文受付は2022年8月8日夜8時まで! ゆうきこよみ2023に、 様々な特典を組み合わせた、 先行予約だけの特別なセットを、 期間限定で販売します。 開始:2022年5月5日午後9時30分 終了:2022年8月8日午後8時00分 通常通りにお買い求めいただける、 一般発売は毎年9
『【販売中】ゆうきこよみ2023先行予約限定セット』の画像

※おかげさまでご予約がいっぱいとなりました! 新型肺炎の流行以来、 全て休止にしていた東京での活動。 2022年2月から鑑定のみ再開しています。 ★東京鑑定会 日程:毎月第3水曜日 時間:事前予約 場所:千代田区神田神保町 料金:60分対面鑑定11,000円 内容:口頭で
『【満席!】東京鑑定会@千代田区神田神保町』の画像

オンとオフの両方がないと、 運は良くなりません。 頑張るだけでは人生が成立しません。 でも頑張らないと、 幸運・良縁は手に入りません。 だから予定を整えて吉。 計画的に、オンとオフを配分して吉。 そのための目安として、暦をひらき、 ★頑張るべきとき ★
『頑張るべきとき/頑張らなくて良いとき』の画像

暦の上で、休息とは、 『これまで頑張った人へのご褒美』 ではなく、 『これから頑張る人のための補給』 という意味合いが強いです。 いわゆる、 『腹が減っては戦ができぬ』 というやつ。 休むのが先。 動くのは後。 インプット(陰)が先で、 アウトプ
『過去を休息の条件にしない ー休むのは常に未来のためー』の画像

初めての1回目で決めつけないこと。 途中の味見だけで判断しないこと。 だってそれだと運を読み違えるから。 ジャッジが早すぎる人の運はひらきません。 効果測定は定期的に。 暦の上で計画を立てて。 答えを手に入れる前のモヤモヤに負けずに。 間違えても良
『途中で効果測定する人の運はなかなかひらかない』の画像

久しぶりにやります。 旅するように商いする。 たびあきない 前回は2019年9月22日@桐生。 その節はありがとうございました。 あれから新型肺炎騒動を経て、 約3年ぶりの開催です。 ★たびあきない in NAKAKONYA . 日程:2022年6月26日(日) 時間:10:00から22
『たびあきない in NAKAKONYA』の画像

運というのは可視・不可視、両方あって。 全てが帳簿に現れるわけではありません。 数値化できないことの方が多いです。 全てをデータで計れるものでもなく、 統計を取ることもできず、 不確かな分かりにくい分野だと思います。 今、自分は運が良いのか悪いのか、 そ
『次のステップへ進むことができたならそれで吉』の画像

運をひらくライフサイクルにおいて、 停滞期に落ちるのは偶然の必然。 人は定期的に落ちるべきだし、 上がりたいなら下がる必要がある。 落ちるという表現を縁起悪く感じるなら、 別の言葉で言い換えます。 それは、落ち着いても良いとき。 または下がり降りるべきと
『落ちて良いとき ー落ちる必要があるときー』の画像

運が動くときには、色々起こります。 また、色々起こせば、運は動きます。 出来事と運は密接に繋がっています。 何かすれば、何か起こります。 何もしなければ、何も起こりません。 待っていたら何か起こることもあるけれど、 それは以前に動いておいた何かのおか
『運が動くときに運を動かした自分の運をもっと信じて吉』の画像

運の世界だけでなく、 仕事でも生活でも同じだと思うのですが、 『身近な人の理解と協力』 は、吉時期・吉方位・吉家相と同等、 もしくはそれを上回る大切なエネルギーです。 吉さえ選べるなら、 親の理解や友達の協力なんて、 運には必要ない、 なんて、大きな間違い
『絶大な力を持つ運の原動力 ー玄人より優先すべき素人の意見ー』の画像

西企画が発行するゆうきこよみは、 遠い先の未来の情報まで掲載してあります。 10年120ヵ月先までの、 吉時期・吉方位を先読み可能です。 自分の運だけでなく、 大切な家族やパートナーの分を、 今年に限らず、来年や再来年、 その先の未来まで、 今、この時点で確認して
『10年先までの情報が載ってない暦じゃ運はデザインできない』の画像

やってみなくちゃ分からないことがあったとして。 やってみて、分かったことがあったとして。 ところが、その分かったことが、 自分にとって好ましい成果ではなく、 不都合な失敗や、予想外の展開だった場合。 『失敗するなんて運が悪い』 『思ったのと違うからダメだ
『分かったという幸運 ー分からないままであるという不運ー』の画像

この世界に、 ★凶時期 ★凶方位 ★凶家相 などなど、凶と呼ばれるリスクがあるとして。 その根拠や作用が納得できるものならば。 全部避けるのが無難です。 その方が間違いなく安心です。 少しでもリスクを減らすのが確かな理想。 もしも、凶という情報を、
『恐れず凶を選ぶ前の確認事項 ー停滞期に必要な考え方と動き方ー』の画像

会社の経費で飲むお酒。 自腹で飲むお酒、 同じお酒でも、運が違います。 分別し、使い分けないと、金運がすごく下がります。 損得や善悪のことを言いたいのではありません。 税金や帳簿の話をしたいのでもないです。 それは経費と自腹、どちらにするべきか。
『金運がダダ下がりするお金の使い方』の画像

今、多拠点生活、多拠点労働が増えています 稲作をきっかけに定住が始まり、 それが当たり前とされたのは昔の話。 もう多くの人は田んぼを持っていないし、 むしろ不動産資産が重荷にさえなってきてる。 今は、複数の拠点に身を置き、 移動しながら働き暮らすことを、
『多拠点生活者の方位鑑定 ーアドレスホッパーな暮らし方ー』の画像

吉方位に出かけたとします。 しかも偶然ではなく、 その方位のメリットを知って、 ちゃんと吉となるように計画を立てて、 自分の意志で行ったとして。 方位の効能は、全員共通で、 きっちりカテゴライズされています。 代表的な所で行くと、 北:家庭運 南西:仕事
『方位の効能の現れ方は人それぞれ』の画像

僕も含め、多くの人は、 あんまり根気良くありません。 今、食べたいものは、 今すぐ食べないと、 機嫌が悪くなります。 今、話をしたいのに、 今すぐ聞いてくれないんじゃあ、 意味がないと思います。 今、欲しい物なのに、 今はダメなんて言われても、 素直には受け
『今がダメなら待機しろ ー今より素敵な未来があるー』の画像

吉時期だろうが吉方位だろうが、そこに、 『無理』 『強引』 『迷惑』 が絡むならば、選ばない方が無難です。 理論上の吉が、 必ずしも好結果に繋がるとは、 限らないからです。 時期と方位が吉でも、 その効能と引き換えに、 失うものもあります、無理すると。 吉
『調和優先の吉凶判断 ー無理なく選んでこその吉ー』の画像

吉は選択の目安。 凶は対処の目安。 選ぶのに迷ったら吉を探すのがお勧め。 凶を選んだら対処するのがお勧め。 これが吉凶という運の判断基準の、 存在意義であり運用方法です。 それ以上でもそれ以下でもありません。 吉を妄信しないこと。 凶を恐れないこと
『判断基準に縛られてしまうことの怖さ ー何を選んでも自分は自分ー』の画像

今、目の前で起こった、 嬉しいことや辛いこと。 その瞬間の一場面のみ切り取っても、 運の良し悪しは分かりません。 ★過去:それまでにどんな経緯があったのか ★現在:具体的にどんなことが起こっているか ★未来:その後にどんな展開が待っているか この3つを繋げ
『運の吉凶は前中後の流れを踏まえて鑑定すべきもの』の画像

自分が得をするのは吉だけれど、 そのために他人に損をさせるのは凶。 自分の得を周囲に分けるのは吉だけれど、 そのために自分が損をするのは凶。 なぜならば。 損というのは、 自分がしようが、 他人がしようが、 結局その場の運を乱し、 縁を崩します。 結果とし
『損をしたりさせたりすることのリスク ー暦は続くよどこまでもー』の画像

一度選んだ吉の効能が、 一生涯続くなんてことはありません。 一度、凶を選んでしまったら、 その悪影響に生涯悩まされる、 なんてこともないからご安心を。 吉作用にも、凶作用にも、 区切りがあります。 どちらの影響も期間限定です。 吉凶作用は10年間の期間限定
『吉も凶も作用は期間限定 ー運のデザインは10年一区切りー』の画像

★自然災害 ★車や飛行機などの大事故 ★多くの人が巻き込まれる災難 など、大きな災厄というのは、 個人の運勢や運命だけでは測れない、 通常とは異なる仕組みがあります。 大きなトラブルというのは、 自分もしくは他人という、 単独の運のみが原因ではありません。
『災厄のボルテックス ー大きなトラブルから身を守る方法ー』の画像

直感の精度は上げられます。 どれが正しいフィーリングで、 どれは単なる勘違いなのか、 見分けることができるからです。 その手段は感性と感情の分別。 その見所は、反復です。 本物の直感は繰り返します。 そもそも直感とは ・直感 ・ひらめき ・女の勘 ・虫の知
『信じるべき直感の見分け方 ー感性と感情の分別ー』の画像

人の運には、典型・パターン・癖が備わっています。 人生における成功と失敗には、 それぞれの傾向があるはずなのです。 一人一人に備わった、 生き方の定型のようなもの。 いつもと同じ必勝パターン。 毎度痛い目を見る同じ失敗。 良くも悪くも、そういう傾向。
『人生の悪い癖の治し方 ー悪いシナリオを演じきる前にー』の画像

『どの方位に頭を向けて眠るのが良い?』 『運が良くなるベッドの向きは?』 『布団を敷く方位に吉凶ってあるの?』 などの、寝具の配置に関する、疑問のあれこれ。 講座や鑑定の中で。しばしばご質問を頂きます。 結論から先にお伝えすると。 1.目的に合っていれば
『枕の向き ーどっちに頭を向けて寝るかー』の画像

2022年の幸運の鍵のひとつ。 『業務委託』 に関して。 業務を委託するとは。 五黄土気のゆうき行動。 投げ出すでも押し付けるでもなく。 自分が楽をするためでもなく。 無理や、偏った負担や、 不自然さを解決するための応急処置。 一時的に少しの余力を確保
『業務委託できない大切な仕事のためにこそ必要な業務委託』の画像

→先に停滞が待っている道 →ありがちな失敗パターン →ツキを落とす過ごし方 それが悪運のシナリオ。 一方。 →先に開運が待っている道 →意識したい成功パターン →運を上げる過ごし方 それが幸運のシナリオ。 各年度の運勢ごとに、 悪運と幸運のシナリオが、 そ
『2022年の悪運と幸運のシナリオ』の画像

自分だけの考えでたどり着けるのは、 想定の内側にある、実力以下のゴール。 大成功し最上限を手に入れたとしても、 自分の分相応までです。 自分という上限を突き破り、 想定や実力を超える運と縁を、 手に入れたいと望むならば。 ★混合 ★ミックス ★コラボ ★ハイ
『何と組み合わせることで運をひらいていくか』の画像

本当の凶方位って。 行く必要のない方位のことだと思います。 本当の吉方位って。 行く必要がある方位のことだと思います。 必要ないなら行かないで吉。 必要あるなら行って吉。 誰かが凶方位と言った。 何かに凶方位と書いてある。 そういう場所だったとし
『本当の吉凶 ーひとつの基準だけで運を決めつけることの危険性ー』の画像

↑このページのトップヘ