西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

更新情報

2022年9月9日。 オンラインサロンが始まりました。 『運をデザインするこよみラボ』 という名前です。 ゆうきこよみユーザーのためのコミュニティーです。 ゆうきこよみを持っている人が参加すると、 得することがいっぱいあります。 運の情報共有&情報交換
『運をデザインするこよみラボ』の画像

西企画が発行するゆうきこよみは、 出版社経由で書店にて流通する、 一般的な出版物とは異なります。 企画・製作から販売まで、 西企画が行う印刷物です。 だから。 ★講座会場(受講者様) ★イベント会場(ご来場者様) ★オンラインショップ(全国各地の皆様)
『ゆうきこよみお取り扱い店舗様のご紹介』の画像

毎月第3水曜日。 東京都千代田区にて鑑定会を開催しています。 次回は変則日程です。 第4水曜日の2022年10月26日となります。 ご予約承ります。 ★東京鑑定会 日程:毎月第3水曜日 時間:事前予約 場所:千代田区神田神保町 料金:45分対面鑑定11,000円 内容:口頭
『東京鑑定会@千代田区神田神保町2022年10月』の画像

数学の方程式とか。 迷ったときの道案内だとか。 美味しいティラミスのレシピだとか。 それらの答えを教わるのは良いけれど。 『人生の答えを教えてくれるサービス』 というのは危ないなと思います。 ほら、いるでしょう。 儲け方を教えてくれるという親切な人
『求めるべきは答えそのものではなく答えの出し方』の画像

僕は吉日が好きです。 ある意味、吉日に依存し、頼り切っています。 もう吉日がないと動けない体になってしまいました。 けれどそれは。 『吉日さえ使えば何でも上手くいく』 と思い込んでいるからではありません。 吉日を利用することで、自分の怠け癖を制御し
『吉日の行動計画の王道 ー最も効果的な吉日の利用方法ー』の画像

沼田へ行きます。 旅するように商いする。 たびあきない 今回は久しぶりの素敵カフェ開催です。 ★たびあきない in 0278CAFE . 日程:2022年10月15日(土) 時間:11:00から16:00 場所:0278CAFE(沼田) 住所:群馬県沼田市白沢町上古語父2542-2 駐車:お店前に広
『たびあきない in 0278CAFE(沼田)』の画像

曲がる交差点を間違えたなら、 正しい道順を調べ軌道修正して吉。 誤った情報を伝えたなら、 丁寧にお詫びし訂正して吉。 これで運は下がらず、 むしろ上がります。 だって結果として、 道順が軌道修正され、 誤報が訂正されるのだから。 『一度でも間違えるのは嫌だ
『凶に気づいた時点で修正の機会は与えられている』の画像

『宝くじ当たると運を使い切る』 ということ、あり得ます。 無い袖は触れない、ってやつです。 使い切った結果、 →その後、トラブルが続く →それをきっかけに、縁が乱れる →そのせいで、人生が狂った などの不運に見舞われます。 いずれも、どこかで聞いたよ
『運気補給は定期的に ーガス欠によるトラブルへの対策ー』の画像

吉方位旅行って、大変です。 お金・労力・時間を捻出するだけでも大変。 忙しい暮らしの中、持ち場を離れるのは心配だし。 行ったら行ったで楽しいけれど、 行くことの負担を考えると躊躇しちゃうし。 どういうわけか行けない事情が発生するし、 旅先でトラブルに見
『吉方位旅行の効能を低下させる5つのNG行動』の画像

ちゃんと休んだ日の後は、 閃きに繋がるような出来事が、 なぜかポツポツと起こるから不思議です。 家でゴロゴロしてるだけでは出会えない、 会話や事件や景色が、アイデアを呼びます。 医学的・科学的に説明するなら、 集中力を取り戻した、 ということになるのかもしれ
『ちゃんと休むと打開の道が不思議と開ける』の画像

ゆうきこよみを用いて、 ★家庭菜園 ★花壇 ★庭木 ★生垣・塀 ★門扉・ポスト など、エクステリアの手入れ計画を立てる場合。 要点となるのは以下の3つ。 1.暦のことなど無視すべき作業 2.暦は関係ない作業 3.暦が関係してくる作業 実際は、もっと細かな分別があ
『暦とエクステリア ーお庭の手入れ計画ー』の画像

僕にとって暦や九星学は、 占有したい専門知識ではなく、 共有したいお得情報です。 値段をつけて販売したい秘伝ではなく、 みんなと一緒に使いたい共通言語です。 だから、日々の情報発信も、 隠し事などなく、出し惜しみもないです。 『それは鑑定してみなくちゃ分か
『暦に掲載された情報は共有してこそ役に立つみんなの財産』の画像

運の良し悪しと、 運の専門知識の有無は、 全く別物。 吉凶に詳しいから運が良いとは限らない。 運勢など知らなくても運が良い人はいる。 これ、当たり前の事実なのに、 意識的に無視されがちです。 時々見かけるのです。 運の吉凶を知ってるというだけで、 運が良
『西敏央を反面教師として正すべき生きる姿勢』の画像

こちらはラボメンバー限定記事となります。 『ラボってなに?』 という方は、以下のリンクのご確認を。 二黒土星(じこくどせい) 五黄土星(ごおうどせい) 八白土星(はっぱくどせい) みんな同じ、土星という星。 他の専門家の考えは分かりませんが、 僕の考
『【九星学】土星という大器晩成の星に求められるのは健康運』の画像

鑑定のご依頼をいただく際、 『何を聞いたら良いか分からない(聞き方が分からない)』 という方、少なくありません。 そういう場合。 『こちらからお伝えしたいことがあります』 『まずはそれを聞いてください』 『気になることがあれば質問を承ります』 とお伝え
『ただ暦を読み上げるだけの仕事です』の画像

睡眠は一白水気のゆうき行動。 最も効率的な運の回復手段。 休息の具体策の一番手です。 眠ることだけじゃなくて、 『眠れるようにする工夫』 もまた、一白水気。 例えば静かにすることとか、暗くすることとか。 寝具を整えることとか。 眠ることも、眠くな
『睡眠の工夫 ー休息の達人と凡人の違いー』の画像

住まいの運を変える手段は、 増改築や転居だけではありません。 ★模様替え ★家電・家具の買い替え ★カーテン・絨毯の交換 ★照明の再配置 ★絵画や写真の設置 などでも、家相は変えられます。 ハードだけじゃなくソフト面の運用も、 積極的に見直して吉。 例えば
『無数にある家相改善アプローチ ー手段を限定しないで吉ー』の画像

リモートワーク。 通勤のない暮らし。 住環境と労働環境が同じであること。 同じ建物で暮らしと稼ぎをどちらも行うこと。 通勤のリスク・コストが省けて良さそう。 かと思いきや。 実は通勤って、悪くないのです。 ある程度の通勤は役に立ちます。 人生の陰
『自宅労働において不可欠なONとOFFのスイッチング』の画像

靴も衣服も同じのばっかり使ってると、 『お気に入りの大切なやつ』 から順にくたびれていくでしょう。 運も同じ。 停滞ってだいたい、偏った負担が原因で。 五体・五感全てを上手に運用できれば、 どこかのみに消耗が集中することがなく、 運は落ちにくいです。
『休息は的を絞って念入りに ー負担は大切なものに集中するー』の画像

毎月第3水曜日。 東京都千代田区にて鑑定会を開催しています。 2022年8月はお休み。 『みんな鑑定や講座より吉方位旅行へ!』 という僕からのお願いです。 次回は2022年9月21日となります。 ご予約承ります。 ★東京鑑定会 日程:毎月第3水曜日 時間:事前予約
『【満席】東京鑑定会@千代田区神田神保町2022年9月』の画像

『体の消耗に伴う心の落ち込み』 は、どんなに穏やかな癒しの工夫をしても、 身体の疲れを回復させない限り解決しません。 『心の疲弊に伴う体の落ち込み』 の場合、どんなにボディケアをしても、 リラックス・安心・余裕を取り戻さない限り、 調子は戻りません。 ど
『疲労の因数分解 ー心と体のどちらに休息が必要なのかー』の画像

どんなに配慮しても合わない人はいます。 確かにいます。 どんなに工夫しても合わない仕事はあります。 実際にあります、僕も知っています。 第一印象で合わないと気付けることもあります。 気づけないこともあります。 いずれの場合も。 合わないと決められる
『試行錯誤を経ないで決められた相性の鑑定精度は低い』の画像

1.仕事運を上げる 2.良縁を引き寄せる 3.運勢を安定させる この3つの効能を手に入れる具体策として。 『良い物を長く使う』 『良い人と長く付き合う』 『良い場で長く過ごす』 上記はいずれもお勧めです。 九気で言うなら、 二黒土気と四緑木気のゆうき行動。
『仕事・交際の安定は継続にあり』の画像

ゆうきこよみでは、3ヵ月に1度、 定期的に休息のサイクルが巡ってきます。 ただ、休息期と言っても、 全部を投げ出せないのは前提。 大人も子供も忙しい現代。 暦の休息と自分のオフが、 簡単にリンクするとは思えません。 だからこそのスケジュール調整です。 ま
『休息のためのスケジュール調整と工夫』の画像

西企画がゆうきこよみを通して、 最も強く推す定期的縁日。 甲子(きのえね/こうし)の日。 2ヵ月に1度。 年間6回。 甲子の日と言えば、 『事始めの吉日』 としてばかり使いがちですが。 実際のところは新しいサイクルの起点なので、 ★開始(新しいことを
『甲子の日を狙った2ヵ月に1度の定期的終了・再開』の画像

2022年度の運勢のピークポイントである、 超繁忙の8月を終えて。 『このままで良いのだろうか』 『何も成し遂げられなかった』 『不完全燃焼だわぁ』 という漠然とした不安を抱え、 モヤモヤ・ソワソワしている方。 残り期間を過ごす上で、 意識して欲しいのが、 守り
『2022年度下半期の行動計画 ーどこまで守り攻められるかー』の画像

僕がゆうきこよみの読み方、 または使い方をご紹介するとき。 最も力を入れているのは、 『休息期の過ごし方』 『休息期の重要性』 『休息期の意味』 です。 運勢や方位や吉日など、 他にも様々な情報が、 詰め込まれている暦ですが。 どれも全て後に回し、 休息期
『休息の達人を目指して ーそれってつまり暦の達人ー』の画像

『ゆうきこよみの使い方が分からない』 という声、しばしば聞きます。 だから、意識して、blogに書くようにしています。 ゆうきこよみに掲載された情報の意味。 またその活用方法を。 それをまとめてあるカテゴリーがこちら。 この全てを読み込む必要はありませ
『暦の読み方というblogカテゴリー』の画像

病気や自然災害や離婚・流産などを、 『先祖の祟り』 『前世の因縁』 『水子の恨み』 などと結びつけ、 痛みを抱える相手に、 追い討ちをかける人。 そういう占い師がいるそうです。 また大した専門知識を持っているわけでもないのに、 無責任な伝聞で身内を追い込も
『祟られている人ほど他人を祟りたがる法則』の画像

暦を通して運を見る、運を読む、とは。 見えないものを、 特殊な能力で察知する、 直感的・霊的作業ではありません。 今、既に見えて、当たり前に聴こえて、 何気なく触れているものの中から、 『これが今必要な判断材料』 というのを見つけ出す、 五感による情報収
『暦を通して運を読解する秘訣』の画像

↑このページのトップヘ